2030年12月31日(火) 記事No.19
新潟の渓流テンカラ釣りやっています。
極々たまにフライフィッシング。
腕前は未だにヘボです。
釣り場に着くと性格が変わってしまうためか、一人での釣行が多いです。
一人なので、源流部まで行くことはありません。
時々フライ用語が出てきます。フライフィッシングは挫折しましたが・・・。



カテゴリ分け
「私のテンカラスタイル」・釣り歴や道具立てなどを記載しています。
釣り」・・・・・・・・・釣行記が主体です。
「ひとりごと」・・・・・・ぼやき等思いつくままを書いています。



※次の記事から、最新記事になっています。
スポンサーサイト
ひとりごと |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2017年09月26日(火) 記事No.156
本日は、三面方面へ。
ボサがすごいですね。
水量は若干少ないでしょうか。

反応は有りますが、小型で1年ものサイズです。
無反応よりは良いですけど・・・。

開始から1時間ほどで、深めの瀬尻から20Cm程度のイワナです。
サイズのわりに良く引きました。
P2017092602.jpg

その後、大石脇からヤマメです。ちょっとサイズアップですね。
P2017092607.jpg

ここはもっと深かったように思います。
P2017092608.jpg

P2017092614.jpg
(水中はこんな感じです)

最後に、サイズダウンのイワナです。
P2017092615.jpg


この川はサイズ的には、20Cm超がアベレージの小河川ですが、
数は多かった気がします。
上にも書きましたが、淵が浅くなっています。
大雨の影響か、がけ崩れの後が何カ所かであり、このせいで
埋まってしまったのでしょう。
ますます、大きく育つ環境が減ってしまいました。

来年は無理としても、2・3年後には復活して欲しいですね。



今週末で禁漁です。
後1回は釣行出来るかな?
釣り |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2017年09月22日(金) 記事No.155
9/4に行った川に再釣行です。
またちょっと雰囲気が変わっているような気がします。

毛バリを見に来ますが途中で戻ってしまいます。
毛バリを#14サイズの白っぽいのにチェンジすると
追うようになりましたが、掛かりませんね。
普段なら乗るはずなのですが、空振りばかりです。

空振りだけならまだいいんですが、跳ね上がったラインが
かぶさっている枝にからんで、4つほど毛バリを取られました。
釣れないので、更にイライラが・・・。

大きな落ち込みの脇の巻き返しから、やっと出ました。
サイズは20Cmをちょっと超えるぐらいです。
P2017092204.jpg
サビですかね黒いです。

更に釣り上がると、渡河点が・・・。唖然。
深くなっています。とっても渡れません。
源流釣行みたいに、泳ぐ??
一旦下って林道へ、といっても20mほど有りますが・・・。
なんとか上がれましたが、降りるルートが見つかりません。

なので、今回は1尾で納竿です。

上から渡河点が見えたのですが、対岸をちょっと迂回すれば
進めそうでした。
ただ、木が込み入っているので鉈でも持参すればルートを
作れそうです。
釣り |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2017年09月09日(土) 記事No.154
本日行ったんですけど、朝出遅れたんです。
土曜なのに・・。

阿賀野川水系なら、いくつか回れると思い来ましたが
どの川も先々に釣り人がいます。
しかも既に入られてしまったらしく釣れないです。

そんななか、ハヤなんぞを釣ってしまいました。
あらら・・・。
久しぶりですね。
結構な流れから出ましたよ。

最後にやっと一匹出ました。 サイズ的には・・・。
P20170909090002.jpg

やはり釣行は平日の方が良いですね。
釣り |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2017年09月04日(月) 記事No.153
いやー、ブログ更新をさぼってしまいましたね。
3ヶ月ぶりです。


4:30起床です。
入渓点には6時到着しました。
先行者はいません。

川見て愕然としました。
8月の大雨の影響でしょうか、渓相が5月とまったく違います。
入渓点近くの淵の深さが半分になってしまっています。
毛バリ流しても、チビしか出ません。
ここは出れば結構いいサイズが釣れるポイントなんですけど・・。
とにかく、上流を心配しながら釣り上がると、大場は全て変わっていました。
出るのも、チビばかりです。
みんな流されてしまったのでしょうか??

暫く上るとやっと出ました。
ヤマメ25Cm程です。 思いの他引きました。
P9040002.jpg

その後、チビの猛攻が続きますが、ぽつぽつと20Cmオーバーも
顔を出します。
P9040010.jpg
P9040012.jpg
P9040016.jpg

回りを見ると、草は全てなぎ倒され、背の高さ以上の枝に水を被った
跡が見えます。ここまで増水したようですね。
こんな状況を見るのは、初めてです。

最後に、ニジマス?です。
P9040021.jpg
下流には、大きな堰堤が有るので本流から上って来ることは無いはずなので
誰かが放流したのでしょうか?

釣行後、20~30m上の林道から覗ながら帰りましたが、いたる所で
崩れています。
駐車スペースに至る橋から見ると、入渓点の下流側は土砂で
埋まっていました。

ひどいものです。
チビが大きく育って欲しいものです。

釣り |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2017年05月31日(水) 記事No.152
6:00入渓
入渓点の大場所は反応無し。
少し上の大石周りから、25Cmイワナ良い型です。
P201705310001.jpg
幸先が良いですね。

なぜか大場所からは反応が有りません。
テンカラでしか狙わないような小さなポイントから
20Cm程度のヤマメ・イワナがぽつぽつ出ます。
P201705310007.jpg
P201705310008.jpg

やっと、瀬から23Cm程のヤマメが出ました。
P201705310010.jpg
サイズの割には結構竿を絞り込みましたね、結構幅広です。

その後日が出てきて気温が急上昇。
水温も12度です。
暫くも反応状態で、水分補給しながら上がっていくと
石脇で吸い込むような当たりで、下は流れが速いので
上に泳がせながら手前に寄せようとしますが、動きません。
暫くのやり取り後やっとタモにいっれると尺近いイワナです。
測ると28Cmでした。残念。
P201705310022.jpg

P201705310024.jpg

その後、20Cm程度のヤマメ・イワナがぽつぽつ出て
結果、昼までで12尾の釣果でした。
P201705310027.jpg

良い型も出て、満足ですね。
釣り |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2017年05月18日(木) 記事No.151
本日、村上方面へ。なんと高速使ってしまいました。
水温7度も有り、虫も一杯飛んでいます。
入渓者もいません、俄然やる気が出ます。
今回は普段より少し上手から入渓しました。

橋下の深みへ第一投。
反応有りません。あれれ、何か変です。
チビしか反応しませんね。
連休中に抜かれてしまったのでしょうか?
この川は、結構県外の釣り人がやってきます。
そういえば、入渓点の橋付近に焚火の後が有りました。

皆さん、山で直火は絶対にやめましょう!!
キャンプ場でも直火は禁止のところ多いです。
大変、危険です。

少し上手に移動、チャラ瀬からヤマメが出ました。20Cmに届きません。
P2017518002.jpg

その後、瀬からイワナ・ヤマメが出ますが、サイズが伸びません。
全て20Cm前後です。
この川はもう少しアベレージ大きかったはずですが・・・。
P2017518006.jpg
P2017518008.jpg
P2017518012.jpg

良さそうなポイントに移動しながら探っていくと、近くでサルの
鳴き声が聞こえます。
姿は見えませんが、落ち着いて釣りができませんね。

また、少し大きく移動後、今シーズン初待望の27Cmのイワナが出ました。
尺無いかなと手で測りましたが足りませんね。
P2017518017.jpg
特に変わった様子もなく、深さも5~60Cm程度の小さなポイントなんです。
P2017518019.jpg
写真だと分かりずらいですね。

その後アベレージサイズのヤマメ・イワナ数尾釣りましたが、手に残った
感覚が全然違いますね。
P2017518021.jpg

結果は、7~12時までで9尾の釣果でした。
次回は6月になりそうです。
釣り |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2017年05月09日(火) 記事No.150
7時到着 水温6度です。
まだ、低いですね。テンカラででるかな?
虫はいっぱい飛んでいますがかなり小さくフックサイズでは#18位でしょうか。
ところどころにカディスもいます。こちらは#12程です。


少々増水気味ですが、入渓点の渡河ポイントは渡れそうです。
暫く釣り上がりましたが反応有りません。
ゴーロ帯の深みからイワナ。
P2017050902.jpg

この川では珍しくライズ発見。
3投で3尾ヤマメです。
P2017050906.jpg

最後に砂防堤の下でヤマメ追加です。 (なんかニジマスっぽいですが・・)
P2017050907.jpg

まずまずの釣果だったのですが、残念なことにライズ中に
調子に乗って回りを確認するのを忘れ振込時に枝に引っかけてしまい
トップガイドを壊してしまいました。
P2017050909.jpg

最後のヤマメを釣ったときはトップガイド無しの状態でした。
投げずらい、ラインは絡むわ、ヤマメ掛けても取り込むのに大騒ぎでした。

釣り |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2017年04月25日(火) 記事No.149
今日は温かかったですね。
最高気温24度だそうです。
少し汗ばみました。
水筒持って行って正解でしたね。

釣り始めの水温は6度。
虫はいっぱい飛んでいるのに反応なしです。
水量多く上流に上がれなさそうだったので、早々に別の川に移動。

こちらは水温7度です。
山菜取の人が多く川岸までうろうろしています。
まいったな・・。

それらしいポイントに投入すると、早速反応が有りますが空振り。
数度の空振り後、イワナです。20Cmを少し超えるサイズです。
P17042501.jpg

その後、瀬を狙うとヤマメが数尾。

サイズは20Cmに届きませんが瀬から出るとうれしくなります。
テンカラの季節になりました。

ふと上流を見るとフライアングラーが見えます。
あらら。
フライでは狙い辛そうなポイントに投入するとイワナが出ました。
これも20Cmを少し超えるサイズです。
P17042504.jpg

上流は諦めて下りながら投入すると更にヤマメが数尾出ましたが
サイズは伸びません。

その後、後ろでガサガサ、回りでゴソゴソと山菜取の音する度に
驚いてしまう状況で落ち着いて釣りが出来なくなり納竿です。

前回記事後に2度ほど釣行しましたが、増水でどの川も釣り
ならなかったのですが、今後は大丈夫でしょう。
次回は5月2週目あたりを予定しています。
釣り |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2017年04月10日(月) 記事No.148
またまた7時出発
バイパスが渋滞で8時30分到着
ここも残雪で林道入れず
20分ほど歩行し入渓点へ
水温測るとやはり5度です
前回と同じ、不安なスタート

ですが、早速ヒット20Cm弱のヤマメ
P4100003.jpg
続いて石裏から今シーズン初イワナ、体長制限ギリギリです

その後やや小ぶりですが数尾のヤマメが出ます。
P4100006.jpg
今回は調子いいぞ
大きな落ち込みで待望の25Cmイワナです
P4100012.jpg

P4100014.jpg
(みんな雪まみれになってしまいました)

回りには既に虫も多く飛んでいます
水温も7度に上がっていました

13時までの4時間ほどの釣行でしたが満足して
納竿です。

4月中にもう数回は釣行して感をとりもどし
GW過ぎにホームグラウンドの渓で昨年最終日に
取り逃がした大イワナにチャレンジです

釣り |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 |